2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« さらば、ガッツ小笠原 | トップページ | 契約更改開始! »

2006年11月24日 (金)

ドラフト4巡目、長野選手について

いまさらながらという気もするけど、大学生・社会人ドラフトについてです。
個々の選手については置いておいて、ファイターズが4巡目指名した長野久義外野手に注目してみましょう。

■11/21 日本ハムが巨人愛の長野を「強奪」指名へ [日刊スポーツ北海道]

ドラフト前日の記事です。長野(ちょうの)選手が所属している日大の鈴木博識監督がこんなことを言ってます。「(日本ハム指名なら)みんなが不幸せになります。もう巨人って言ってしまいます」はぁ?ってカンジです。何を考えているんでしょうか? この監督、56歳にもなって困ったもんです。

さてドラフト当日、恥も外聞もない予防策も効果なく、我等がファイターズは4巡目で長野選手を指名しました。ドラフト翌日の記事です。

■11/22 日大・長野 日本ハムスカウト門前払い [スポニチ]

日大・鈴木監督談↓

「怒りまくってます」

「きのう(日ハムの)山田スカウトに電話したけど着信拒否された。それならこっちも出ない」

「もともと日本ハムは長野が一番嫌いだった。一切会わない」

あらあら、なんと大人げない… 実際、指名後のスカウトからの電話は一切無視! さらに合宿所を訪問したスカウトに対しても居留守を使って応対せず! 世間一般の常識が通用しない世界ですねぇ。思わず笑ってしまいました。この「一番嫌い」発言が長野選手の本心ならば「来ていただかなくても結構」ということになるわけですが、どうも怪しそうです。

■11/23 日本ハム4巡目・長野「あくまで拒否」 [日刊スポーツ北海道]

■11/24 日本ハム4巡目強行の長野が姿勢を軟化 [日刊スポーツ北海道]

長野選手曰く↓

「全部監督に任せているので…」
「ファンと一体になっている球団」
「評価してもらって、すごく感謝している」

なんか世間からバッシングを受けて取り繕っているようにも思えますが、実は本人はさほど巨人にこだわりはなく、監督が騒いでるだけなんじゃないか?っていう気もします。いずれにせよ学生とはいえもう成人しているんだから、自分の口からはっきりと今後の方向性を示して欲しいですね。

ファイターズはここ数年、指名時に拒否反応をされながら、結局入団に至るという実績を積んでいます。今のところ入団が危ぶまれているのは長野選手と5巡目の早大・山本一徳投手の二人ですが、時間がかかっても説得して、新たな戦力として迎え入れたいものです。

それにしてもこの監督の異様な狼狽ぶり、長野選手が巨人以外に行くと何か困ることがあるのかなぁ。
たとえば裏金とか…

« さらば、ガッツ小笠原 | トップページ | 契約更改開始! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178359/4304202

この記事へのトラックバック一覧です: ドラフト4巡目、長野選手について:

« さらば、ガッツ小笠原 | トップページ | 契約更改開始! »