2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月28日 (月)

○日本ハム 7-2 中日【2回戦】

 
この7連勝中、常に3点以上を得点し、打撃好調のファイターズ。
今日もドラゴンズを下し、連勝を延ばしたいところ。
ファイターズの先発はグリン
前回、復帰戦でジャイアンツから勝利をあげ、連勝を狙います。

今日のファイターズは1回、3回とチャンスに得点できず凡退。
しかし4回にドラゴンズの先発浅尾を捉えます。
坪井が3塁打で出塁すると、信二があと少しでHRという2塁打で先制。
続く金子会長が四球を選ぶと、グリンがしっかりと送り、
ひちょりがライト前にはじき返す2点タイムリーで3-0とします。
そして5回には稲葉隊長の久々のソロHRで4-0。

 

続きを読む "○日本ハム 7-2 中日【2回戦】" »

2007年5月27日 (日)

○日本ハム 6-2 中日【1回戦】

 
昨日、円山球場での試合を終え名古屋に向かったファイターズ。
移動日なしで今日からドラゴンズとの2連戦。
そのへんを考慮してか、休日にもかかわらずナイターです。

ファイターズのローテーションは火の車。
金村までもが登録抹消となり、誰が投げるの?と思っていたら、
忘れてました。タケダヒダリこと勝投手がいたじゃないですか。
確か昨シーズンも交流戦の途中から先発に回ったんでした。
というわけで、ファイターズは武田勝、ドラゴンズは山本昌が先発です。

 

続きを読む "○日本ハム 6-2 中日【1回戦】" »

2007年5月26日 (土)

○日本ハム 6-4 ヤクルト【2回戦】

 
今日の試合は札幌円山球場。
屋外球場ということで、晴れていれば気持ち良いのでしょうが、
今日はあいにく朝から雨が降ったり止んだりという天候。
なんとかゲームはできそうですが風がかなり強く、気温も13度と低め。

札幌のこの時期は札幌市の木であるライラックが満開となり、
「ライラックまつり」が開かれるのですが、
そのころに急に気温が下がることがよくあります。
ライラックのフランス名「リラ」を使って「リラ冷え」と呼ばれます。

まぁそんなことはさておき、ファイターズは5連勝中と絶好調。
今日もその勢いのまま、勝ってほしいところです。

 

続きを読む "○日本ハム 6-4 ヤクルト【2回戦】" »

2007年5月25日 (金)

○日本ハム 3-2 ヤクルト【1回戦】

 
ついに借金を完済し、勝率5割に復帰したファイターズ。
今日はセリーグ最下位のヤクルトとの対戦。
今日も勝って貯金生活に入りたいところです。

試合前には幸雄さんの名球会入りを記念して、
金やんからブレザーの贈呈式があるということで、
仕事を早めに切り上げて、試合開始前にドームに入りました。

いよいよセレモニーが始まるというところで、
あろうことかカメラを落としてしまいました。
床に落としただけならまだしも、
さらに段差を転げ落ちて前の席の下へ……
そのまま逝ってしまい、撮ることができませんでした orz
というわけで、今日は画像はなしです。

 

続きを読む "○日本ハム 3-2 ヤクルト【1回戦】" »

2007年5月23日 (水)

○日本ハム 4-2 巨人【2回戦】

 
札幌ドームの巨人戦というと、どうもいい思い出がありません。
一昨年は2戦連続引き分けて、3戦目は1点差で惜敗。
昨年は初戦は大差で勝ったものの、
2戦目は投手陣が終盤に1イニング9失点と大炎上して逆転負け。
3戦目も9回2死から同点に追い付かれ、
延長12回、球団最長記録の5時間22分の激戦の末敗戦。
昨日は理想的な勝ち方での勝利だったので、
スッキリと連勝して、いやな記憶を払拭してほしいところ。

今日は仕事を早めに切り上げ、
試合開始からしっかり見ようと思ってたのですが、
急遽仕事が入り、ドームに着いたのは20時ごろ。
既に7回表で30分ぐらいしか見れませんでした (T-T)
そういうわけで、詳細はよく分かりませんが……

 

続きを読む "○日本ハム 4-2 巨人【2回戦】" »

2007年5月22日 (火)

○日本ハム 3-1 巨人【1回戦】

 
いよいよ交流戦が始まりました。
初戦の相手は、あのヒゲの無くなった人がいるジャイアンツです。
観客がどういう反応を示すかも興味あるところです。

ファイターズの先発はグリン
初回、先頭打者の高橋由伸にいきなりバックスクリーンに運ばれ、
あっと言う間に先制されます。
さらに小笠原の当たりそこねの内野安打などもあり、
2アウト満塁のピンチ!
しかしここは清水を打ち取り、ホームランの1点のみに抑えました。

 

続きを読む "○日本ハム 3-1 巨人【1回戦】" »

2007年5月20日 (日)

○日本ハム 5-4 SB【11回戦】

 
交流戦前の最後の試合。
借金を一つでも減らして交流戦に臨むために、
そして天敵ソフトバンクに今季初のカード勝ち越しを決めるためにも、
何としても勝利したいゲームです。

先発はファイターズ金村、ホークス田之上ということで、
金村が崩れさえしなければ、勝てる見込みは十分ありそうな対戦です。

 

続きを読む "○日本ハム 5-4 SB【11回戦】" »

2007年5月19日 (土)

○日本ハム 5-0 SB【10回戦】

 
今日は所用で外出していて、帰って来たのは20時過ぎでした。
いったいどうなっているかと恐る恐るテレビをつけてみると……
びっくりしました。勝ってるじゃないですか。しかも4-0!
その後ちょうどセギ様が打ったとたんに入ったとわかるソロHRで5-0!
木下は最後まで投げて完投。
おめでとう! 初勝利! & 初完封!

 

続きを読む "○日本ハム 5-0 SB【10回戦】" »

2007年5月18日 (金)

●日本ハム 2-5 SB【9回戦】

 
昨日の偉業の興奮もまだ醒めやらぬなか、
移動日なしで今日から敵地でのソフトバンク3連戦。
今季ここまで1勝したあと7連敗と、完全にカモにされている状態。
八木の頑張りで何とか一矢報いてほしい一戦です。

今日は仕事で速報をチェックしてただけなので、詳細は不明ですが……

初回、先頭バッターのひちょりがいきなりの2ベース。
賢介の送りバントで3塁まで進みますが、続く稲葉、セギ様が凡退 orz
そしてその裏、多村に2ランを喰らい、あっさりと先制されます。
さらに3回には再び多村に2ラン、アダムにもソロを打たれ、
あっと言う間に0-5。いやな雰囲気が漂ったでしょうね。

 

続きを読む "●日本ハム 2-5 SB【9回戦】" »

2007年5月17日 (木)

●日本ハム 6-11 楽天【12回戦】

 
田中幸雄選手 祝2000本安打達成!

ついにこの日がやってきました。
幸雄さんが偉業を達成しました!
4回楽天山村から打った打球はライト前へ。
これが2000本目の安打です。

意外とすんなり出ましたね。プレッシャーで再び足踏みするかもと
思ってたのですが、第2打席でクリーンヒットで決めてくれました。
気が楽になったのかその後も立て続けにヒットを放ち、
なんと3安打の猛打賞。右中左と打ち分けるヒットでした。
 

続きを読む "●日本ハム 6-11 楽天【12回戦】" »

2007年5月16日 (水)

○日本ハム 8-6 楽天【11回戦】

 
昨日あんな負け方をしただけにかなり不安があったのですが、
結果的には今季ほとんど見たことがない一発攻勢での勝利です。
とはいえ、疲れる試合でした。
先制したものの、追加点を取れずにいるうちに迫られ、
一時は逆転も許しました。
再度逆転したけど点差を広げることができず、
最後まで「いつ追い付かれるか」「いつ逆転されるか」と
気が気ではないゲーム展開でしたね。

続きを読む "○日本ハム 8-6 楽天【11回戦】" »

2007年5月15日 (火)

●日本ハム 2-3 楽天【10回戦】

 
今日からは東京ドームで楽天との3連戦。
ここまで4連勝と好調の楽天は、球団初の5連勝を賭けての戦い。
ファイターズも交流戦を借金0で迎えるためには負けられない試合。

先発はファイターズが故障から復帰したグリン
そしてイーグルスはマー君こと田中将大です。

1回表、映像で見ていないので状況がよく分かりませんが、
いきなり2つの失策と犠飛で2アウト1・3塁のピンチ。
ここでダブルスチールを決められ、ノーヒットで先制を許します。
 

続きを読む "●日本ハム 2-3 楽天【10回戦】" »

2007年5月13日 (日)

○日本ハム 3-2 西武【8回戦】

 
昨日に引き続き、長野オリンピックスタジアムでの西武戦。
好天に恵まれた屋外でのデーゲームです。

先発の金村は、前回オリックスに8回無失点の素晴らしいピッチング。
今日も引き続き西武打線を抑えてほしいところです。

その金村、1回裏に連打され先制点を許します。
さらに2回裏にG.G.佐藤にソロHRを打たれて0-2。
これ以上取られると苦しくなるところです。
 

続きを読む "○日本ハム 3-2 西武【8回戦】" »

2007年5月12日 (土)

○日本ハム 3-2 西武【7回戦】

 
交流戦まであと8試合で借金4。借金を完済して交流戦を迎えるには
6勝2敗で乗り切らなくてはならないファイターズ。
しかもその中にソフトバンク3連戦があることを考えると
かなり厳しいものがあります。とにかく1つでも借金を減らすためには、
今日は絶対に負けられない1戦です。
5位楽天が1ゲーム差に迫ってきてますしね。

ファイターズの先発は八木
昨年から西武戦には5度先発して0勝3敗と苦手としています。
一方の西武先発は西口。こちらは逆に2004年以来ファイターズに連勝中。
厳しい戦いが予想されます。
 

続きを読む "○日本ハム 3-2 西武【7回戦】" »

2007年5月10日 (木)

●日本ハム 2-8 SB【8回戦】

 
ソフトバンクに6連敗中のファイターズ。
今日の先発はダル様と和田のエース対決ということで、
早めに先制して逃げきりを図りたいところ。
ところがそのダルビッシュがまさかの乱調。制球が定まりません。
初回、3つの四球と2本の2塁打で3点を献上。逆に先制を許します。

しかし一方の和田も立ち上がりは不安定
1回裏、ひちょりが内野安打で出塁すると、
稲葉のタイムリーで即座に1点返します。

続きを読む "●日本ハム 2-8 SB【8回戦】" »

2007年5月 9日 (水)

●日本ハム 2-4 SB【7回戦】

 
今日は今季初めて、ついに仕事で札幌ドーム欠席しちゃいました。
テレビもラジオも聞いていないので、詳細はわかりませんが……

先発の建山は無難な立ち上がり。
そして打線は2回、信二が安打を放つと金子会長が送り、
坪井のタイムリーで得点と、鮮やかに先制。
今日は良い流れだと思ったのですが……

続きを読む "●日本ハム 2-4 SB【7回戦】" »

2007年5月 8日 (火)

●日本ハム 0-7 SB【6回戦】

 
ゴールデンウィークを7勝1敗と大きく勝ち越し、
借金完済に向けて驀進中のファイターズ。現在借金は1。
今週は1位ソフトバンク、2位西武との対戦。正念場です。
カード勝ち越しに向けて、まずは初戦を勝ちたいところです。

先発はここまで6試合に先発して1勝4敗のスウィーニー
彼が先発の時はなぜか打線が湿りがちで、6試合の合計得点は9。
1試合あたり1.5点にしかなりません。
しかも完封負けが2試合
不運な面はありますが、ここらで良いピッチングをしないと
ファーム落ちもあり得る状況になってしまいます。
対するソフトバンクの先発は杉内。ここまで4勝1敗と好調です。

続きを読む "●日本ハム 0-7 SB【6回戦】" »

2007年5月 7日 (月)

今さらながら、ごあいさつ m(_ _)m

 
今日のファイターズは休養日なので試合もありません。
明日からの首位ソフトバンクとの3連戦に向けて、
鋭気を養ってほしいですね。

ところでこのブログ「Cheer Up !! Fighters」を開設して、
早いもので半年が経ちました。
アクセスしていただいている皆さま、本当にありがとうございます。

実はこのブログ、まったくの思いつきで始めました。
昨年の日本一の興奮が一段落した頃、それまでほとんど見たことの
なかったファイターズ関連のWebやブログを見ていて、
「自分も何か書いてみようかな……」
と思い、衝動的に開設したというわけです。

さほど飽きっぽい性格ではないので、
すぐさま記事を書かなくなるとは思いませんでしたが、
なにぶんブログを書くのは初めて。
とりあえず軌道に乗るまではおとなしくしておこうと思い、
プロフィールやあいさつも書かず、いきなり記事を書き始めました。

あれから半年が経過し、
それなりにいろんな方にアクセスしていただいているようなので、
区切りの意味でこのようなエントリを起こしました。

■プロフィール

HNは「ぽるかん」。札幌在住のおじさんです。
小さい頃はジャイアンツファンでしたが、その後ドラゴンズファンに。
青い野球帽に憧れたのと、バットやグローブをプレゼントしてくれた
父親の知り合いが名古屋の人だったためだと思います。
ただそれほど熱心なファンだったわけではありません。

球場で野球を見たのは一度だけ。
小学生の時に親戚に連れて行ってもらった後楽園球場のジャイアンツ戦。
残念ながらほとんど記憶に残っていません。

そんなわけで、数年前までの野球とのかかわり方は、
高校野球を含めて野球中継を自ら見ることはなく、
スポーツニュースをチェックすることもなく、
新聞で結果を流し読みするぐらいのものでした。

そんな状態だったので、
ファイターズの北海道移転が決まっても取り立てて感慨はなく、
札幌ドームに行ったことがないので、
そのうち行ってみようか…ぐらいのものでした。

初めてファイターズの試合を見たのは2004年4月の西武戦。
新聞販売店の懸賞でチケットが当たり、見に行きました。
キレイな球場に感激でしたね。
ただまだハマるところまでは行かず、結局この年は5試合観戦しました。

その後2005年の交流戦を契機にハマりはじめ、
けっこうドームに通うようになりました。
だいたい各カード1試合は見に行くようになり、年間観戦数は20試合。
これだけ観戦すると選手の名前と顔を覚え、応援歌も覚え、
球場通いが楽しくてたまらなくなってきます。
球場に行かない日もラジオ中継を聞くようになり、結果に一喜一憂です。

そして昨年のドーム通いは各カード2試合ぐらいのペースとなり、
レギュラーシーズンは36試合の観戦でした。
今季はついにパスを買ってしまったこともあり、
今のところ札幌ドームの試合は皆勤賞です。
 

■サイトポリシー

正直なところ、こんなに熱中することに出会ったことはありません。
球場に行って応援するだけで、ストレス発散&気分爽快です。
こんな楽しみを与えてくれたファイターズに
感謝したい気持ちでいっぱいです。

だからたとえチーム成績が振るわなくても応援し続けます。
たとえ調子の悪い選手がいたとしてもバッシングなんかしません。
打てなかったり、エラーをしたり、打ち込まれたりしても、
選手はみんな懸命に努力しているのです。
監督やコーチだって同じです。
素人の私が采配をどうこう言っても結果論にしかなりません。
そんなことでイライラしてストレスを溜めるようじゃ本末転倒。
新庄氏じゃないけど「楽しまなくちゃ!」

たとえ負け試合であっても、
「あぁ、今日はこんなプレーが見れて良かった!」
と言えるようなことが必ずあるはず。

このブログのタイトル「Cheer Up !!」の意味は、
「元気だせよ!」とか「ファイト!」というニュアンス。(たぶん…)
だからファイターズを諸手を挙げて応援します!
ポジティブに応援するのが
「Cheer Up !! Fighters」のポリシーです!

いろいろ書きましたが、要は
「楽しみながらファイターズを応援しましょう!」
ということですよ。

 
まぁこんなカンジでやってますので、
気軽にトラバ、コメントしてください。
これからもよろしくお願いします m(_ _)m

 

2007年5月 6日 (日)

○日本ハム 1-0 オリックス【9回戦】

 
連休最後の日曜日。
試合前には「親子キャッチボール」ということで、
グラウンドでキャッチボールができるイベントが開催されました。

P5060003

ファイターズガールによるYMCAダンスのレクチャーなんかもあり、
ほのぼのとした雰囲気の中、ゲーム開始です。
火曜日からのソフトバンク戦に向けて、
オリックスを3タテして勢いをつけたいところ。

先発は金村めずらしく立ち上がりから制球が良くストライクが先行。
それなりにヒットは打たれるものの、
投球のテンポがいつものように悪くなることもなく、得点を許しません。

打線は初回に賢介、稲葉の連打で1アウト1・3塁のチャンス。
ここで先制点が欲しかったのですが、セギノールが最悪の併殺打。
チャンスをものにできません。

両チームとも先制点を奪えないまま迎えた6回裏。
先頭の飯山が打ったボールはフラフラとライトライン際に。
これを俊足を活かして2塁打とすると、
続くひちょりがタイムリーを放ち、ついに先制
さらにワイルドピッチで無死3塁となり、もう1点ほしかったのですが、
賢介、稲葉、セギと犠牲フライすら打てずに凡退でした。

金村はその後もピンチらしいピンチもなく、
このまま最後まで投げるかと思ったのですが、
1-0の最小得点差で9回のマウンドはマイケルに託します。

ところがこのマイケルが大誤算!
四球、死球、四球とあっと言う間に無死満塁!
ヒルマン監督、たまらず武田久に交替を告げます。

犠牲フライ、内野ゴロ、バッテリーエラー……
ヒットだけでなく、何があっても同点にされてしまうこの場面。
しかも対するはラロッカ、ローズ、下山。ここはさすがにシビレました。
1球1球大きな声援が札幌ドームを包みます。
ここでラロッカ、ローズを連続三振
そして下山をショートゴロに打ち取りゲームセット!
これ以上ないという執念の投球でした。

お立ち台は3勝目をあげた金村と、見事な火消しを務めたです。

P5060022

P5060031 

 
結果的に両チームの安打数はともに4。
連打となった分だけ、ファイターズが勝ったという結果になりました。
金村は8回を被安打4、与四球1、失点0という見事なピッチング。
勝ちが付いてほんとよかったですね。
「対オリックスエース」の復活かもしれません。

打線はセラフィニの前に4安打に封じ込められましたが、
打撲で欠場の金子会長に代わって出場した「守備の人」飯山が、
決勝点につながる2塁打を放ちました。
何か良い方に良い方にと物事がころがり始めた気がします。

そして幸雄さんは5番でスタメンでしたが、
残念ながら今日は3タコと、マジックは「3」のままです。
あと3試合。何とか札幌ドームで記録達成を!

ところで9回の久への応援、良かったですね。
1球ごとに自然発生的に声援と拍手がドームを包み鳴りやみません。
そして久がセットに入るとピタッと止まり、
オリックスの応援歌だけが響くという状態です。
「あと1人」「あと1球」コールなんかよりずっと好感が持てました。

明日1日休みをはさんで、火曜日からソフトバンク3連戦です。
前回は東京ドームで3タテを喰らったのでリベンジです。
3タテとはいいませんが、何とか勝ち越してくれ!

 
【観戦成績】9勝7敗2分

 

2007年5月 5日 (土)

○日本ハム 7-3 オリックス【8回戦】

 
今日はこどもの日。「ぼくたちのボールパーク」と題して、こどもたちが
アナウンス、ボールボーイ、オルガン奏者などを行います。
みんな一生の思い出になるでしょうし、
こんな日にファイターズが勝ってくれたらうれしいでしょうね。

先発は八木。調子が今一つとみえ、ボールが先行する苦しい立ち上がり。
1回、3回と3塁まで走者を進められますが、なんとかしのぎます。
打線もオリックス平野の前に攻めあぐみます。
5回に幸雄さんがヒットで出塁し、今日初めて得点圏に進みますが、
信二のヒットで果敢にホームを狙うもタッチアウト!
逆に6回表に八木が連打を浴び、3点を失ってしまいました。

しかし最近打線好調のファイターズ。その裏、陽仲壽が3塁打を放つと、
ひちょり今季初の1号2ランHRで1点差に!
さらに稲葉ヒット、セギノール四球で、金子の当たりはショートゴロ。
しかしこれがエラーとなる間に、稲葉が一気にホームを駆け抜け、
あっと言う間に3-3の同点!

続く7回には送りバントをはさんで5連打!
ひちょり、賢介、稲葉がタイムリーを放ち、6-3と逆転です。
さらに8回には幸雄さんが今日2本目の安打。しかもソロHRで7-4。

八木のあとは6回途中から7回を江尻、8回を、9回をマイケル
いずれもノーヒットの継投で完璧に抑え、みごと3連勝としました。

はほんと起爆剤になりましたね。
ここのところいつも打線が爆発する火付け役を果たしてます。
そして幸雄さん。2安打のマルチヒットでマジックはいよいよ「3」
札幌ドームでの大記録達成がほぼ間違いなさそうになってきました。
ほんと楽しみです。

ヒーローインタビューは3打点のひちょり
キッズインタビューアーの質問にタジタジでした (^_^;

P5050019

明日の先発は金村。この調子で3タテしちゃいたいですね。

おまけはひちょり+稲葉の2人組と、一人たたずむ坪井です。

P5050005

 

【観戦成績】8勝7敗2分

2007年5月 4日 (金)

○日本ハム 3-1 オリックス【7回戦】

 
ロードで4勝1敗と借金を3つ減らして札幌に帰って来たファイターズ。
ここで再び連勝して借金を一気に減らしたいところ。

先発はダルビッシュ。調子が良くないのか制球が定まらず、
ボールが先行する苦しい立ち上がり。
初回、いきなり1アウト3塁のピンチ。
しかしラロッカ、ローズと打ち取り、何とか抑えます。
一方打線はデイビーに手こずり、4回まで内野安打1本のみ。
いやな予感が脳裏をかすめます。

しかしその不安を金子会長が吹き飛ばしてくれました。
5回裏、いきなりレフトへの先制ソロホームラン!
打ったとたんにそれとわかる当たりでしたね。
このまま勢いづくような気がしたものの、続く坪井、鶴岡と凡退し、
1点で終りかと思ったのですが……
2アウトから今日も陽仲壽がやってくれました。センターへの2ベース。
ここからひちょり、賢介、稲葉とヒットが続き、
この回一気に3点を奪いました。

今のダルビッシュに3点は十分すぎるプレゼントでしょう。
完封目前というところで9回にラロッカにソロHRを打たれましたが、
6回以降に打たれたヒットはこれ1本のみ。
終わってみれば被安打3、与四死球3、奪三振7、失点1で完投。
完投は5試合連続で4勝目。札幌ドーム10連勝となりました。
お立ち台はダルちゃんです。

P5040008

P5040013

打線は賢介が3安打の猛打賞ひちょりマルチ安打
そして今日は5番でスタメンだった幸雄さんがヒットを放ち、
マジックは「5」となりました!

今日の観客数は今季最高の3万8千人
この3連戦は「ファミリーシリーズ」と銘打って、
こども入場料100円などイベントが盛りだくさんですからね。
明日も今日ぐらいの入場者がいるでしょうね。
観客が多いと張り切って結果が伴うチームですし、
先発が八木投手なので、明日も期待できそうです。

ところで、試合終了後に「グラウンドウォーキング」ということで、
誰でも自由にグラウンドに降りれるイベントがありました。

P5040024

さすがにダイヤモンドは立入り禁止になってたので、
ちょっと迷ったのですが、私は行きませんでした。
外野はファンフェスティバルで毎年降りてますので……
でもこんなイベントはもっと頻繁にやってほしいですね。

 
【観戦成績】7勝7敗2分

 

2007年5月 3日 (木)

○日本ハム 8-2 ロッテ【7回戦】

 
昨日はサブマリン渡辺俊介に抑えられ、完封負けを喫したファイターズ。
どちらが先制点を取るかがカギになりそう。

先発の建山は不安定な立ち上がり。
1回裏、いきなりTSUYOSHI、早川とヒットを打たれ、
さらにサブローを歩かせてノーアウト満塁のピンチ!
しかしここから踏ん張りました。
ズレータ、ワトソンを三振に打ち取り、
青野も当たりそこねのピッチャーハーフライナー。
ここで先制点を取られなかったのが大きなポイントでしょう。

続く2回表、2アウトから坪井ヒット、鶴岡四球で、
陽仲寿タイムリー3塁打を放ち、2-0と先制します。
さらに3回には小谷野がレフトへ2ランHRで4-0。

建山は5回のピンチはしのぎましたが、
7回に連続2塁打で1失点したところでに交替。
そのは犠牲フライで1点取られましたが後続を絶ち、
8回も無失点に抑えます。

4-2とされ追加点が欲しいファイターズは9回に打線が爆発!
稲葉、小谷野、紺田、飯山がタイムリーを放ち、
打者一巡の猛攻で4点を追加。
最後はマイケルが締めて、終わってみれば17安打!
8-2で勝利しました。

それにしても建山がんばってますね。
登板日が急遽変更になっても結果を残せるというのは、
やっぱり長年中継ぎをやってきたノウハウが生きてるのでしょうか。
それとここまで試合をぶち壊しにしたというゲームはありません。
正直言って先発転向を希望したときは、
これほど結果を残すとは思いませんでした。
このままローテに残って活躍してほしいですね。

そして打のヒーローは小谷野でしょう。
のタイムリーで先制できたのは大きいですね。
小谷野も効果的な2ランを含む3打点。
どちらも2アウトからの得点なので、相手投手のダメージも大ですよ。
あとひちょりセギノール猛打賞! セギ様復活でしょうか?
幸雄さんは代打で1打席のみの登場。
当たりは良かったものの安打にはならず、マジックは6のままです。

さて、チームは夜移動で明日午後から札幌ドームでオリックス戦。
きつい日程ですが、試合開始はそれを考慮してなのか14時。
まぁ1時間だけじゃ大差ないような気がしますが……
先発は「神様、仏様、ダルビッシュ様」なので勝利が期待できそう。
カード初戦を取って、3タテと行きましょう!

 

2007年5月 2日 (水)

●日本ハム 0-4 ロッテ【6回戦】

 
9連戦の予定が、昨日は雨でひと休み。
連勝の勢いを削ぐ恨みの雨となるか、
休養が取れる恵みの雨となるか……

先発はスウィーニーと渡辺俊介。
スウィーニーはボールが高めに集まり、不安定なピッチング。
3回にスクイズで先制を許すと、4回ワトソン、5回今江に一発を浴び、
5回途中でオッシーに交替します。

オッシーは7回に今江の今日2本目の一発を喰らいますが、
それ以外は無難にこなし、ほぼ3イニングを1失点に抑えました。
8回は伊藤。こちらも三者凡退に切って取り、
今日の中継ぎ陣はほぼ合格点。このまま安定してくれるといいのですが…

一方打線は連勝中の状態から一転して、まるで連敗中のような拙攻。
5回も得点圏にランナーを進めながら1点すら奪うことができず、
渡辺俊介に完封されてしまいました。
安打数はロッテ8に対しファイターズ7。
決して完璧に抑えられたわけではないだけに、残念な結果となりました。
先制できていたら違う展開になっていたかもしれませんが、
それを言っても始まりませんね。
稲葉隊長坪井がマルチ安打ですが、セギ様がノーヒットと停滞気味。
幸雄さんもスタメンでしたが無安打。カウントダウンはひと休みです。

明日は建山と久保が先発です。
気持ちを切り替えて、このカード1勝1敗で帰って来てくれ!

 

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »