2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 一軍更改開始 武田勝900万円ダウン | トップページ | ダルビッシュ2億7000万円で一発更改! »

2008年11月28日 (金)

【2008年ファイターズ回顧企画】プレイバック・ファイターズ2008

 
ファンフェスも終わってしまい、
残る楽しみは契約更改と新人入団発表ぐらいしか
なくなってしまったこの時期、
みなさんいかがお過ごしでしょうか…

今日は ルパートさんち のオフ恒例企画、
トラックバック・ファイターズ2008 に初参加してみましょう。
それではスタートです。

 

 
0.(ファイターズファン以外の方のみお答えください)
  一番好きなチームはどこですか?

 もちろんファイターズファンなのでパス。

1.今年活躍したと思うファイターズの投手をお答えください。
 (3名まで)

 ダルビッシュ有
 コメント不要でしょう。再三連敗を止めてくれました。
 特に北京五輪から戻ってからの活躍は、憂さを晴らすかのよう。
 CS進出の原動力となりました。
 もしダルが不調や故障で離脱していたら、
 優勝から一気に最下位ということもあり得たでしょうね。

 宮西尚生
 宮西はルーキーでただ一人、1年を通して1軍で通しました。
 貴重な左腕の中継ぎとして貴重な存在でした。
 終盤疲れがたまったか調子がいま一つでしたが、
 良く頑張ってくれました。

 坂元弥太郎
 そして弥太郎。オッシーの穴を埋めて余りある活躍でした。
 壊れかけた試合の流れを止める、貴重なロングリリーバーでした。
 中継ぎでの6勝はその証ですね。

2.今年活躍したと思うファイターズの野手をお答えください。
 (3名まで)

 稲葉篤紀
 稲葉は文句なし。一番頼りになるバッターです。
 1ヶ月の五輪ブランクがありながら20本塁打&3割達成はさすがです。
 1500試合出場、1500安打、そして200本塁打と達成!
 次はぜひ2000本安打を達成してほしいものです。

 田中賢介
 賢介もフォーム改造で長打力がアップし、なんと11本塁打。
 バントやエンドランなど小技も鈍らず、守備でも再三の好プレー。
 時々やるポカが玉にきずですが、十分な活躍でした。

 小谷野栄一
 そして小谷野。打率.251、本塁打6と数字はさほどパッとしませんが、
 打点は60と稲葉・スレッジ・賢介に次いでチーム4位。
 勝負強さが光ります。
 さらにサード、ファースト、レフトとどこでも守れ、
 スタメンはおろか試合中にポジションを転々と変えても、
 それぞれの守備位置で平均以上の結果を残す。
 こんなユーティリティープレイヤーは貴重ですね。

3.今年イマイチだったと思うファイターズの選手をお答えください。
 (3名まで)

 森本稀哲
 ひちょりにとってはつらいシーズンだったでしょう。
 骨折を機に調子を落とし、結局最後まで復調しませんでした。
 監督・コーチの厳しい評価も報道されてますが、期待の表れでしょう。
 でも必ずや来季は復活してくれると信じます。
 君の実力がこんなもんじゃないことは多くのFANSが知っていますから。

 糸井嘉男
 糸井は投手から野手に転向し、ようやく今季1軍に定着しました。
 「身体能力はトップレベル」と言われ続けていますが、
 守備では十分その評価が正しいことを見せつけてくれたものの、
 打撃ではちょっと伸び悩んでいます。
 けっこう辛抱強く起用されていましたが、
 まだまだ期待に応えるには至っていないでしょう。
 期待しているだけに、来季は派手にブレークして欲しいものです。

 陽仲壽
 仲壽は今季序盤、マックが不調だったこともありよく起用されました。
 しかし打率.144と結果を残すことができませんでしたね。
 特に初HRを打ってから大振りになってしまった印象があります。
 試合を左右するエラーも何度か犯してしまい、
 守備の不安が打撃に影響したのかもしれません。
 しかしファームでは1軍での経験を生かしたのか、
 イースタンの最高出塁率のタイトルを獲得。
 秋季キャンプでも中田とともに連日早出特守を敢行するなど、
 来季の活躍が期待できそうです。

4.来年が楽しみなファイターズの選手をお答えください。(3名まで)

 藤井秀悟
 二桁勝てる左腕として期待された藤井ですが、結果は3勝8敗。
 思うような結果を出すことはできませんでした。
 しかし防御率3.25は、先発としてはチーム3位。
 グリンとともに好投しても見殺しにされることが多かったのも事実。
 打線の援護があれば、または投打が噛み合えば楽に二桁は勝てるはず。
 来季のダルに次ぐナンバー2は藤井と予想します。

 江尻慎太郎
 昨秋ひじを手術し、今季のほとんどをリハビリに費やした江尻。
 終盤にはファームのマウンドにも復帰し、
 その初戦でいきなり150Kmに迫るボールを投げるなど、
 順調な回復ぶりをアピールしてくれました。
 来季のセットアッパー候補の一人であることは間違いありません。

 ジェイソン・ボッツ
 今季後半から登場したボッツ。両打ちの大砲として期待されましたが、
 当初は「またしても大型扇風機か?」と揶揄されました。
 しかし終盤ついに開眼したか、本塁打5、打率.254とまずまず。
 来季、キャンプから調整することで、
 セギノールに匹敵する戦力になると期待します。

5.今年最も印象に残ったファイターズの試合をお答えください。
 (3試合まで)

 やはり印象に残っているのは生観戦した試合ということで、
 3試合とも札幌ドームのゲームです。(日付順)

 4/08 ○日本ハム 8-7 楽天【3回戦】
 序盤の7点差をひっくり返し、逆転勝利した試合です。
 半ばあきらめていた自分が恥ずかしくなりました。
 勝がこのイニングだけめった打ちされ、次の回から立ち直ったという
 不思議な試合でもありました。
 決勝点が相手エラーということもあり、
 野手9人のお立ち台というサプライズで締めくくってくれました。

 5/23 ○日本ハム 1-0 中日【1回戦】
 多田野の先発3試合目。危険球退場を宣告され、弥太郎が緊急登板。
 その弥太郎が守備にも助けられ、完璧なロングリリーフ。
 建山、宮西、久とつないでドラゴンズを散発4安打完封リレー!
 しかも打線は川上憲伸に散発3安打に抑えられながら、
 インコースのカットボールを技ありのスイングで右翼に運んだ
 稲葉の芸術的なソロHRが決勝点でした。

 9/15 ○日本ハム 5x-4 オリックス【22回戦】
 8回まで3安打無失点に抑えていたダルビッシュが、
 3-0から9回にまさかの4失点で逆転を喫し3-4に。
 しかしその裏、スレッジが逆転サヨナラタイムリー!
 スタンドは興奮のるつぼと化しました。
 なぜか負ける気がしない9回裏でしたね。

6.今年最も印象に残ったファイターズの出来事・事件をお答えください。
 (3つまで)

 主力選手に故障者続出
 これだけ多くの、しかも主力選手に故障者が出たのは初めてでした。
 なんだか切なくなってしまいましたね。
 「デッドボール禁止」のサインボードが象徴的でした。
 思えば自主トレ中に多田野がコケて骨折。
 金森も名護球場でグラウンドに落ちていた金具で怪我と、
 シーズン前からアクシデント続きでしたもんね。

 ブロガー急増
 以前から坪井や江尻など、ブログを開設している選手はいましたが、
 今季ハムに加わった藤井、弥太郎、そして吉井コーチもブロガー。
 特に藤井の更新頻度には目を見張るものがあり、
 まわりの選手もしばしば登場。
 これに感化されたか、ダルビッシュや賢介もブログを始めました。
 選手たちのプライベートが少しでも見れるのは嬉しいですね。
 吉井コーチの方はチームの裏事情もうかがい知ることができ、
 貴重な情報源となっています。

 球団新記録28安打! 最終戦でCS進出決定
 マリーンズとのCS進出をかけたデッドヒート。
 最後の最後まで盛りあがりました。
 結局決着したのは今季最終戦。
 その試合を球団新記録で飾るとはおそれ入りました。

7.ファイターズ流行語大賞候補を挙げてください。(3つまで)

 ガチョ~ンボール
 言わずと知れた多田野の(画面から)消える魔球。一度生で見てみたい!
 札幌ドームでも投げたのですが、見ていなかった orz

8.ファイターズ以外で、今年表彰したいチーム・選手を挙げてください。
 (それぞれ1チーム・1人)

 オリックス・バファローズ
 監督が交替したあと、金縛りが解けたように調子を上げました。
 終盤、そしてCSとプレッシャーからか調子を落としましたが、
 昨季最下位からの2位は立派です。

 岩隈久志
 ただでさえ21勝という数字は素晴らしいのに、
 それを5位のチームで達成したことに価値があります。
 ファイターズでのダルビッシュ以上に、
 イーグルスファンにとっては「頼れるエース」だったでしょうね。

9.ファイターズ戦以外で、今シーズンのベストゲームを
 1試合だけ挙げてください。(1試合のみ)

 すいません。ファイターズ戦以外見ていないのでパスです。

10.最後に、2009年に向けてファイターズに一言。

 来季のパ・リーグは益々戦力均衡状態となりそうな気がします。
 そんな中、打撃力のアップは図れそうな予感。
 あとはクローザーが確保できて、投手力が整備できれば、
 再びリーグ制覇も十分射程距離。ぜひ狙ってもらいましょう!

ここまで読んでいただいたあなた!
興味をお持ちならぜひ参加してみましょう!
ルール等は↓をご覧ください。

【2008年ファイターズ回顧企画】
プレイバック・ファイターズ2008(12/16まで受付中!)

 

« 一軍更改開始 武田勝900万円ダウン | トップページ | ダルビッシュ2億7000万円で一発更改! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【2008年ファイターズ回顧企画】プレイバック・ファイターズ2008:

» プレイバック・ファイターズ2008に自分で回答 [にわか日ハムファンのブログ]
例によって、自分でも回答してみました。 [続きを読む]

» プレイバック・ファイターズ2008に自分で回答 [にわか日ハムファンのブログ]
例によって、自分でも回答してみました。 [続きを読む]

» プレイバック・ファイターズ2008結果発表!(1:Q0-Q2) [にわか日ハムファンのブログ]
お待たせしました! 「プレイバック・ファイターズ2008」結果発表です! まずはQ0-Q2の結果からどうぞ。 [続きを読む]

« 一軍更改開始 武田勝900万円ダウン | トップページ | ダルビッシュ2億7000万円で一発更改! »