2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2007年2月15日 (木)

ひちょりのあれこれ

 

キャンプも真っ盛りで、紅白戦や対外試合など、続々と実戦形式の
練習が組まれています。オープン戦、そして開幕が楽しみですね。
 
昨日はキャンプ3度目のオフだったのですが、ひちょりはCM撮影で
忙しかったようで……
 
■au北海道のイメキャラに森本と監督 [スポニチ北海道]

「au北海道支社」ということは、全国のauではなく、
北海道限定ということですね。
バックはひちょりカラーのグリーンで撮影。
札幌ドームでもCMが流れるようです。
 
記事では「森本とヒルマン監督」となっているのですが、
どこの記事を見ても監督のことは載ってないのですが……?
昨日はひちょりだけが撮影したということなのかな?
 
 
ところでひちょりといえば、先日「クイズ$ミリオネア」で
途中で間違ったとはいえ100万円をゲットしています。
その使い道ですが……
 
■ひちょり ミリオネア賞金の使い道は?[デイリースポーツ]

公式戦でのパフォーマンスに使うということです。
札幌ドーム開幕戦でしょうか?
今までひちょりがやってきたパフォーマンスは、
コストのかからないものばかり。
100万円という、ある程度まとまった金額を使って、
どんなことをやってくれるのか、とっても楽しみです!
 
 
3つ目の話題は「グルメ・ひちょり厨房」!
好評だった焼肉弁当に続いて、第2弾の企画を継続することが
先日の「Fの炎」で発表されました。
内容は未定ですが、キーワードは 「鶏肉」「海苔」
とにかく「ご飯が進むものにしたい」とのこと。
早く食べたいなぁ。
 

2007年1月30日 (火)

「ひちょり厨房」明日発売!

先日 こちら のエントリで紹介した、森本稀哲プロデュースの弁当などが、北海道内のローソンで明日発売されます。

■ひちょりのこだわり てんこ盛り [北海道新聞]

コンビニの北海道ローソン支社(札幌)は31日から、プロ野球北海道日本ハムファイターズの森本稀哲選手が提案した弁当「グルメ・ひちょり厨房」シリーズ3種類を全道のローソンで期間限定販売する。
3種類は「パワフル焼肉弁当」(\500)、「パワフル焼肉ロール」(\250)、「塩カルビパン」(\137)。北海道文化放送(UHB)制作の番組「Fの炎」の企画から生まれた。発売日は森本選手の誕生日。
実家が焼き肉店、食べることが大好きという森本選手のこだわりが随所に。焼肉弁当はカルビに牛丼の具材、ナムルと盛りだくさんだが、「スタミナが付くし、かき込みやすい」という提案で半熟卵を加えた。焼肉ロールはしたたり落ちた肉汁の味が生きるよう、味付けを控えたスパゲティが敷かれている。

なんか半端な日に発売するなと思ってたけど、ひちょりの誕生日だったんですね。知りませんでした…
それに発売するのは弁当だけではなくパンも! うれしいじゃないですか。

先日の「Fの炎」ではパッケージ写真を撮影していましたが、ユニフォーム姿に加えてシェフ姿も…… これけっこうサマになってて良かったんですよね。でも結局パッケージに採用されたのはユニフォーム姿のようですね。

ただ、惜しむらくは期間限定ということ。2月12日までの販売です。いっぱい売れたら、期間延長してくれないかなぁ。

とにかく近いうちに買ってくることにしましょう。

2007年1月24日 (水)

先発隊、沖縄入り

ファイターズ戦士のうち7名が、キャンプに先立って自主トレのため、早くも沖縄入りしましたね。

■日本ハム森本らが先乗り自主トレ開始

各紙の記事から名前を見つけることができたメンバは、

   金子・稲葉・信二・ひちょり・鶴岡・紺田

の6名です。この顔ぶれからすると、残る一人は稲田かな?

 

そんな中、昨日は稲葉とひちょりが「クイズ$ミリオネア」の収録を済ませました。結果が気になるところですが、予選はクリアしてステージに進出! 賞金もゲットしたようです。ただ「(ひちょり)シートには使わない」とのことなので、さほど高額ではなく、"それなりの金額" だったのではないかと想像します。
放送予定は2月1日と8日の2週連続! 楽しみですね!

 

さて、ひちょりといえば「ひちょり丼」が北海道内のローソンで発売されます。発売日は1月31日! 道内ローカル番組の「Fの炎」の企画で実現したもの。ひちょり自身が考案した「焼肉弁当に温泉卵を乗せたもの」になりそうです。

先日の放送では包装用(?)の写真を撮ったり、毛筆で字を書いたりしてました。発売が待ち遠しい!
これ、札幌ドームで売ってくれないかなぁ……

2007年1月 7日 (日)

クビを宣告された男達

昨日放送された「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」を見ました。今季戦力外通告を受けたプロ野球選手たちにスポットを当てたドキュメンタリーです。取り上げられた選手は
 ・坪井智哉/日本ハム
 ・芝草宇宙/ソフトバンク(元日本ハム)
 ・田中一徳/横浜
 ・黒田哲史/読売
の4人。独身の田中選手を除くと、皆お子さんが1~2歳のかわいい盛り。こんな時期にリストラされて無職になったりしたらたまらないです。ほんとに厳しい世界だということを感じさせられました。

戦力外通告を受けた選手たちは、トライアウトを受けるわけですが、それに向けての練習もままならないんですね。練習相手がおらず、実戦練習ができないわけです。ツライでしょうね。でも11月下旬に元ファイターズの入来投手が坪井選手の練習にやってきて、バッティングピッチャーを努めてくれたというのは知りませんでした。PL学園の先輩だそうで… 11月に札幌に一時帰国していたことは聞いていましたが…

入来投手自身、2006年はメジャーに挑戦したものの、薬物疑惑とかもあってほとんどを3Aですごしたし、ベネズエラのリーグとかにも行ってたはずです。2007年も引き続きメジャーを目指すようなので、頑張ってほしいですね。

さて、坪井選手はご存じのように日本ハムと再契約したわけで、死に物狂いで頑張ってくれることでしょう。
芝草投手はトライアウト後オランダリーグから声がかかったものの、ほとんどアマチュアリーグみたいなところのようでこれはパス。現在は台湾リーグを目指して、今月下旬に台湾でテストを受けるようです。こちらももうひと花咲かせるよう頑張ってほしいですね。

ところでプロ野球選手の奥さんって、どうして美人ぞろいなんでしょうね??

2006年12月 1日 (金)

小笠原、独占インタビュー!

今日、北海道ローカルの情報番組「イチオシ!」で、小笠原選手の独占インタビューが放送されました。昨日のゴールデングラブ賞授賞式のあとに収録されたものです。巨人移籍発表後、在京以外のメディアに出演するのは初めてだと思うので注目でした。インタビュー時間は約1時間だったそうですが、放送時間はコーナーとして30分、インタビュー部分は15分程度でした。以下はその要約です。

--------------------------------------------------------

FAについては昨年はいろいろ考えた。しかし成績不振の屈辱を晴らすまでFAの考えは封印した。
日本一になったことで、ある程度気持ちの区切りはついたのは確か。しかし日本一となった翌日にいきなり「巨人移籍」と報道されて驚いた。FAについて、まだ何も考えていなかった。
メディアがFAだ、巨人だと騒いでいたが、その時点では他球団へ移籍することはまったく考えていなかった。アジアシリーズ等残りの試合に集中したかった。

ファイターズでずっとやりたい(という気持ちはある)。しかし新しいモノに挑戦してみたい。(今までやってきたことが)ファイターズだからできるのか? 他のチームではできないのか?
ファイターズで培ったものを他チームで試してみたくなったのも確か。
(大げさなことを言うと)日本のプロ野球を全国で盛り上げていかなくてはならない。
北海道は盛り上がったし、皆が同じ方向を向いているから、これからも絶対大丈夫。

そんなことを悩んでるうちに巨人が手を挙げてくれた。
「何としても変えたい。野球界を盛り上げたい。」と言われ、そのために小笠原が必要だと(感じた)。
北海道で培ったものを全国に見せたい。ユニフォームが変わっても、(北海道で培った)魂、気持ちをいろいろな選手・ファンに知ってもらいたい。そうすることによりファイターズが、北海道が、より見てもらえるようになると思う。

在京球団であることは、今回の決断にまったく影響していない。大阪であろうが、九州であろうが、行く可能性はあった。
家族への相談は一切していない。相談していたら皆止めただろう。実際、娘に「違うところに行ったらどうする?」と聞いたら、びっくりして「いやだ」と言われた。しかし自分が決めたことについてきてくれるという勝手な思い込みで決めてしまった。

ファイターズにいるより、移籍することはリスクが大きい。極端にいえばコンクリートを耕すようなもの。
ファイターズにいれば、今までどおりにやればいいから、楽といえば楽。でもそれではいけない。
新しいものに挑戦していかないと成長もない。やりとげたといっても、自分の中では、プレイヤーとしても人間としても、もっと成長したいので頑張っていきたい。

北海道のファンは最高だった。残れるものなら残りたい。
北海道に来ていなかったら、こんなにチームが成長することもなかっただろう。
ファイターズにとっても、小笠原道大という一人の人間にとっても、欠かせない、なくてはならなかった3年間だったのではないかという思いがある。
ゼロからここまでみんなで作り上げてきた3年間の経験があるから、立ち向かって行けるのではないか。

色紙~今の心境
"感謝" "挑戦"
感謝はファイターズ、ファイターズファン、北海道に対して
挑戦はこれからのものに対して

北海道のファンへメッセージ
「北海道の皆さん。3年間短い間でしたが、どんな時でも暖かい応援をしていただいてありがとうございました。ここまで成長できたのもみんながいたからできたと思います。また成長したものを、これから新しい道で挑戦していきたいと、みんなで作り上げてきたものを、新しいところで試してみたいと思います。
行ってきます。ありがとうございました。」

--------------------------------------------------------

物議を醸したパレードやファンフェスでの行動については触れられませんでしたが、移籍を決断するに至った経緯については、誠意を持って話してくれたと感じました。これで良い意味で「過去の人」として自分なりに整理がつきそうです。

「ファイターズで得たものを、球界のために他球団で試してみたい」というのはよく分かりますが、「巨人が盛り上がることで、球界も盛り上がる」というのは時代に逆行していると感じます。正直「なぜ巨人?」というのが本音です。ただ現実問題としてオファーしたのが巨人だけなので、それしか選択肢がなかったということも言えますし、本人もそれを示唆するようなことは言ってましたね。

それにしても「家族には相談していない」というのは、聞いてはいましたが意外でした。まぁ勘ぐれば「家族への非難を避けるためにウソを突き通した」というようにも考えられますが、そこまで裏を読まなくてもいいと思います。

来季は交流戦では間違いなく札幌ドームを訪れますし、もしかるすると今季同様オープン戦があるかもしれません。観客がどういう反応を示すのか、興味のあるところです。おそらく拍手や応援ボード(ひょっとしてイルカも?)を掲げる人がいる反面、ブーイングも起きるでしょう。まぁ人それぞれ。自分の気持ちに素直になるのがいいでしょうね。私はブーイングはしません。拍手は……その時にならないとわかりませんが、たぶんするんじゃないかな?

とにかく今までのスポーツ紙の報道や断片的な会見の映像ではわからない、小笠原選手の気持ちが伝わってきました。ご覧になっていない方は以下のエントリにインタビュー全文が記載されているので、ぜひ見てください。

最後の仕事 (Fighters @ Yah! Yah! Yah!)

緊急!ガッツ小笠原緊急インタビュー (どさんこファイト!Rady Go!!)

2006年11月27日 (月)

ファイターズ戦士、東京フレンドパーク出演!

今日のTBS系「関口宏の東京フレンドパークⅡ」に金子、稲葉、稀哲、賢介、八木そしてB☆Bが出演しました。収録したのはたしかアジアシリーズ決勝戦の翌日! お疲れだったろうに、そんなそぶりは微塵も見せずに楽しんでました。

最初は「ウォールクラッシュ」。マジックテープのついたスーツを着てトランポリンでジャンプするアレです。稀哲、賢介、金子の3人がクリアして、いきなり金貨3枚をゲット! この調子じゃどうなるかと思ったけど、さすがにそう甘くはなかったですね。

2つ目は「チュチュバスターズ」。要はカラダを使ってやるモグラたたきです。ここは八木クンが頑張ってタイムアップぎりぎりでクリア!

3つ目は画面上で上下に動くブロックを、バットでポールを打って止めるアトラクション。ここはふだんバットを持たない八木クンがちょっとブレーキになり、残念ながらアウトでした。

4つ目が5つのミニゲームをクリアしていくもの。稀哲はバスケットボールを難なくクリア。慣れてるカンジだったから、けっこう遊びでやってるのかもね。次は選手会長の吹き矢。これもクリア。簡単そうにやってたけど、肺活量がないと狙ったところに行かないでしょうね。3人目の賢介は、ボールをパネルにぶつけて裏返しにするやつ。これもクリアで、このステージのクリア確定で金貨ゲットです。八木クンは大きなボール(風船?)を投げて、エアーの吹き出ている上に乗せるゲーム。あと一歩でクリアならずだったけど、これはちょっと難しそうでした。最後の稲葉さんはハンマーでシーソーになっている台を叩いてハンバーガーを飛ばすやつ。これもクリアならずでした。

最後は「ハイパーホッケー」。ここは八木君が大活躍! かなり慣れてたね。でも残念ながら一歩及ばず7-6で負け。結局金貨は5枚ということになりました。

そして最後の賞品ゲットをかけたチャレンジ。希望賞品は…
 ・選手会長 : ディズニーランド&シー・年間パスポート(家族思いだねぇ)
 ・稲葉さん : ホームシアターセット(独身貴族らしいな)
 ・八木クン : ノートパソコン(パソコン持ってないらしい)
 ・賢介   : 絵画(意外…)
 ・稀哲   : カーテン(近々引っ越すらしい… 窓が広い部屋なのでとのこと)
さらに「パジェロ」に当たると三菱パジェロが一人一台という大盤振る舞い!

さて、結果は…
 ・八木クン → 年間パスポート
 ・賢介   → カーテン
 ・稀哲   → 年間パスポート
 ・選手会長 → たわし!
 ・稲葉さん → たわし!
稲葉さんのは数センチで「パジェロ」だったんだけどねぇ。惜しかったです。

こういう番組は選手の素顔が見れて楽しいですね。っていうか、ファイターズの場合、ふだんとあんまり変わらないような気もするが…
ただ残念だったのはB☆Bの出番がぜんぜんなかったこと。最初の選手紹介のときにチラチラ写ってたぐらいで紹介もされず、ちょっとかわいそう(T-T) 収録のときにはそれなりに録られてたかもしれないけど、カットされちゃったのかなぁ。残念です。

最後の稲葉さんのコメントはよかったね!
「悔しかったので、優勝してまた来たいです!」
ぜひとも来年もフレンドパークに出場して下さい!!

2006年11月13日 (月)

ガッツ、トーク番組に生出演!

今朝のTBS系「はなまるマーケット」の「はなまるカフェ」のコーナーに、小笠原選手が生出演しました。トーク系の番組に出ることはめったにないので新鮮でしたね。それにしても意外と饒舌で驚きました。今年1月頃に「明石家電視台」に出演した時は、横浜の三浦選手と一緒だし、相手が「さんま」ということもあって、あまり話もせず所在なげにしていた記憶があります。今年は何度も「優勝」してて、そのたびに北海道ローカルではあるけど番組に出てたから慣れたのかな?

トークの内容はコーヒーのこと、二人の娘さんのこと、奥様のこと、WBCのこと、SHINJO選手のこと、小笠原村のことなど... 今年出版した「魂のフルスイング」に書かれていた内容とかぶる話も多かったけど、やっぱり基本的に「いいひと」なんだなぁという印象でした。

そういえばWBCで一緒に戦ったイチロー選手、松中選手とは同い年とのこと。知りませんでした。

同い年とはちょっと違うけど、こんな記事をみつけました。

小笠原、キムタクと夢コラボ!? 意外な関係のワケ [ZAKZAK]

なんとガッツはキムタクと同じ中学校の出身で1年後輩だそうな。ちょっとびっくりだけど、この記事に載ってるガッツの中学時代の写真! ぜんぜん別人じゃん! 髭はやしてないし~(って当然ですけど...)

FAの方は今日はファイターズと3度目の交渉して進展なし。(←当たり前じゃ! 最初からそう言ってたし。)
明日はジャイアンツとコンタクトを取るという話も出てるけど、ここしばらくは騒がしい状況が続きそうですね。
私は甘いかもしれないけど、ファイターズに残留してくれると楽観的に思ってます。万が一のことがあったとしても、今までのガッツの功績がゼロになるわけではないし、ガッツの存在を否定するようなことは思いもしません!
(ただGだけには行ってほしくないというのが本音ですが... 昔からアンチなんですよねぇ...)

いずれにせよ、ガッツ本人の悔いのない選択をしてくださいね。

そうそう、明日はシリーズMVPが発表されます。ガッツかソフトバンク斉藤かというところでしょうが、毎年レギュラーシーズン1位の球団から選出されてるから、今年はきっとガッツでしょう!

ではまた。